100年後に残る工芸のために円卓会議

工芸版ダボス会議。いま連携して取り組むこと、共有すべき課題とは