工芸英訳ガイドライン

工芸英訳ガイドライン作成推進グループについて

さまざまなウェブ、書籍、そして美術館・博物館、各店舗、観光ガイドなどすべてにおいて、バラバラに英訳されている工芸のことば。同じものが英訳時に異なるものとして伝わってしまうのは混乱を招くだけです。2020年を前に、これはいま取り掛かるべき大きな課題と考えました。21世紀鷹峯フォーラムを基軸に横断的な連携をしているCoJだからこそ可能な、翻訳の実務者や日本各地の有識者の知見を集めながら、英訳時のガイドラインづくりに着手します。(田中)

担当理事・坂井基樹/推進グループ長 田中孝樹