オールジャパン工芸連携

9月のお彼岸は「日本工芸週間」いよいよ各所で開催準備はじまる

 

工芸は、人々の暮らしと、あらゆる伝統文化に紐づいて育まれてきました。
身の回りの工芸の多様な魅力や可能性を日本中のみなさんと一緒に再発見していこうとする運動が「日本工芸週間」です。
昨年、トライアルを立ち上げ、ついに今年から本格的にスタートします。

会期は毎年お彼岸を含む日曜日から日曜日まで 2022年は、9月18日(日)から25日(日)です。

ひとりでできることから、お友達やご家族とできること、みんなで集まってできること。たとえば、日々愛でているものを使ったり、お手入れしたり、工芸話に花を咲かせたり、隠れた技や知恵を発見したり、ものづくりの現場を訪ね、素材の育成・採取や制作の体験をしたり、専門家からいいものの見分け方を教えてもらったり、こうした様々なイベントを通して工芸への理解・愛情が深まる週間になるよう願っています。

 

具体的な内容は、こちらのサイトでも順次公開していきます。
同時に、日本文化の各ジャンルを深く掘り下げたサイト「和綴/watoji.jp」を日本の著名メディアから国内外の有識者の協力を得て現在準備中です。様々な工夫を凝らし、文化ファンにもご満足いただけるCoJならではの内容になります。多くの方々のご協力を得つつ8月にβ版を発表、来年にはかなり充実した内容になり、日本文化全体を盛り上げていきます。

日本工芸週間の最新情報はここCoJ公式サイト並びに上記和綴でご確認いただけますので、ぜひご高覧下さい。

日本工芸週間実行委員会
運営事務局=一般社団法人ザ・クリエイション・オブ・ジャパン

 

2021年の日本工芸週間トライアル 公式サイトはこちら ❖